江國香織

東京都世田谷区出身。父はエッセイストの江國滋。目白学園女子短期大学国語国文学科卒。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。

1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、はないちもんめ小さな童話賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。

1992年、アルコール依存症の妻と同性愛者の夫との生活を描いた『きらきらひかる』で紫式部文学賞を受賞、映画化もされ話題となる。1999年、『ぼくの小鳥ちゃん』で路傍の石文学賞受賞。2001年、描き下ろし短編集『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞。2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞受賞。

以降小説、エッセイ、絵本、詩と多分野で執筆活動を続けている。近作に島清恋愛文学賞受賞の『がらくた』など。他の映画化作品として、別れた恋人に強い想いを抱き続ける女性を描いた『落下する夕方』(1996年)、辻仁成との共作『冷静と情熱のあいだ』(1999年)、20代の青年と40代の女性との恋愛を描いた『東京タワー』(2001年)、恋愛に疎いが純粋な30代の兄弟を描いた『間宮兄弟』(2004年)がある。

銀行員と結婚。喫煙者で、熱狂的な阪神ファンとしても知られている。好きな選手は中野佐資(1986年 - 1993年阪神)。ギャンブルでは競艇のファンでもある。チョコレートが大好きで、結婚する際夫に、「他の女性にチョコレートを贈らない」という約束をさせたほどである。

雨が大好きで、子供の頃は雨が降ると母や妹と一緒に眺めていたという。 ペットは、アメリカン・コッカー・スパニエルの「雨」(オス)。エッセイ『雨はコーラがのめない』では、雨と音楽との生活を綴っている。

【映像化された作品】
映画:「きらきらひかる」(1993年) 出演 薬師丸ひろこ 豊川悦史 筒井道隆
映画:「落下する夕方」(2000年) 出演 原田知世 渡部篤朗 菅野美穂
映画:「冷静と情熱のあいだ」(2002年) 出演 竹野内豊 ケリー・チャン
TVドラマ:「温かなお皿」(2002年) 主演 今井美樹 水野美紀

【受賞暦】
はないちもんめ小さな童話賞大賞(昭和62年)「草之丞の話」
第1回フェミナ賞(平成元年)「409ラドクリフ」
第38回産経児童出版文化賞(平成3年)「こうばしい日々」
第7回坪田譲治文学賞(平成4年)「こうばしい日々」
第2回紫式部文学賞(平成4年)「きらきらひかる」
第21回路傍の石文学賞(平成11年)「ぼくの小鳥ちゃん」
第15回山本周五郎賞(平成13年度)「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」
第130回直木賞(平成15年度)「号泣する準備はできていた」